テーマ

Of Roots and Cloudsオブ ルーツ アンド クラウズ:ここで生きようとする

Of Roots and Clouds(英語)

Sinrit/Niskurシンリッ/ニㇱクㇽ(アイヌ語)

 
SIAF2020ディレクターチーム
天野 太郎 アグニエシュカ・クビツカ=ジェドシェツカ 田村 かのこ

コンセプト

札幌国際芸術祭2020は、アートを考えるだけでなく社会を考える芸術祭として、作品を一方的に提示することに甘んじず、芸術祭と関わりを持つすべての皆さんと互いに影響し合い、知的な循環・交流の場を構築していきます。私たち一人一人が社会に向き合い、共に生きようとするとき、芸術の持つユニークな視点は、現実のさまざまな課題を捉え直すツールや方法としてどう活用できるのか。皆さんと共に考察していきたいと思います。

土の下、空の上

2020年冬、3回目を迎える札幌国際芸術祭(略称:SIAF)のテーマは「Of Roots and Clouds: ここで生きようとする」です。大地に張る根(roots)と大空に浮かぶ雲(clouds)は、まさに北海道、札幌の広大な自然を象徴する情景であり、地球における人間の活動範囲と捉えることもできるでしょう。雲が雨や雪となって大地にしみ渡り、川や海を経て再び空に戻るように、そこには絶え間ない循環と移り変わりがあります。 樹木は人の目に見えないところで根を伸ばし、雲は手を伸ばしてもつかめません。人々は長い年月をかけて、そういった目に見えないもの、手につかめないものの間に社会を構築してきました。土の下には、草木の根だけでなく先祖の記憶や過去の出来事が眠り、空の上には、雲や鳥だけでなくテクノロジーが生み出した見えないネットワークが浮かぶようになりました。しかし今では、その社会が生み出す膨大な量の情報が、雪のように音もなく降り積もり、まるで雪山のホワイトアウト現象で視界を失ったかのように、自分の居場所や目指すべき方向がわからなくなることもしばしばです。 永遠に続くと思われた自然の循環も、人間の手によって危険にさらされています。地質学者たちは20年ほど前から、人間の活動が大規模な地震や噴火に匹敵するほど致命的な地質学的影響を与える「人新世」の時代に突入したと主張しています。この考え方には賛否両論ありますが、少なくとも私たち人間の行動が、自分たちの住む惑星そのものを破壊し得るのだということ、そして私たちが直面する社会や政治の問題、日々の生活の課題を克服し、次の世代につなげていくためには、人間社会だけ見ていても解決しないのだということについて、警鐘を鳴らしています。つまり人は、目の前に降り積もる雪のことだけでなく、その雪がどこから来てどこへ行くのか、普段の生活では見えてこない部分にまで想像力を働かせ、未来を考える必要に迫られているのです。

雪の中に見つける
共生のヒント

今回SIAFをこれまでの夏開催から冬開催にシフトした意義も、ここに見出すことができるでしょう。札幌市のように人口 200万人規模でありながら降雪量が5メートルを超えるというのは、世界的にも珍しいことです。大都市の特徴と厳しい自然が重なる札幌は、2020年東京オリンピック・パラリンピック後の未来に不安の声が上がる日本で、自然と共生する現代的なコミュニティのあり方を志向するのに最適な場ではないでしょうか。SIAFでは2014年の初回より「都市と自然」を大きなテーマに掲げ、人と自然の関わりについて考えてきましたが、この難しい時代に改めて、土地の歴史、地理、文化を見つめ、自分たちの未来をどう切り開いていくかを考える一つの方法として、芸術から社会をまなざす視点を提案したいと考えています。

北海道では以前から、雪や氷を活用して美しい風景をつくり出したり、冬を楽しむ祭りを催したりと、自然の猛威に視点を変えて向き合う試みが各地で行われてきました。1950年から続く「さっぽろ雪まつり」もその一例です。こうした長年の創意あふれる取り組みを引き継ぎながら、雪を素材とする表現や、雪のある環境そのものを歴史的に捉える活動など、自然と対峙する芸術的視点を掘り下げ、これからの世界をクリエイティブに生きる知恵を探求していきます。

大地の記憶に学び、
未来に向き合う

また、北海道の大地には、さまざまな人々が暮らしてきた長い歴史が編み込まれています。SIAFはこれまでも北海道における芸術祭として、アイヌの人々の文化や創造性を大切に考えてきました。そして3回目の今回は、今に受け継がれる経験や知識への心からの敬意と、未来への協働の意志を改めて示すため、芸術祭のタイトルとテーマを日本語・英語に加えてアイヌ語でも表記します(Sinritシンリッは根・ルーツ、Niskurニㇱクㇽは雲の意)。

その土地に根差す固有の歴史や環境に向き合うことは、一見ローカル(偏狭的)なようでいて、世界のどの地域にも存在するその場特有の問題に向き合うヒントとなる、グローバルで普遍的な視点を発見することにつながります。多様な価値観や文化を互いに認め合う真の共生社会への志向は、今や世界的な課題であり、ミッションです。このミッションを共有する国内外からの作品を前に「私たち」のあり方を捉え直すことで、ローカルとグローバル、両方の視点の獲得を試みます。そしてSIAF2020は、地球規模の未来への歩みの中で「ここで生きようとする」すべての人々が、それぞれの視座より世界を見つめる方法を獲得し、会期が終わった以後もそのまなざしの交流と循環が続くような、どっしりと大地に根を下ろした芸術祭を目指します。