ラボ年度末2018_s

 2015年に始動したSIAFラボ。
4年目となる2018年度は3つのプログラムを軸に長期的な活動を目指して活動してきました。この日はプロジェクトディレクター3名が、それぞれ実施した各プロジェクトを報告します。

また今回は、ゲストにSony CSLの本條陽子氏をお招きし、人類・社会に貢献することを目的に、コンピュータサイエンスをはじめさまざまな分野の研究を行ってきたSony CSLの活動などを紹介をします。

後半には、プロジェクトリーダーの久保田晃弘氏による総括とゲスト・登壇者によるクロストークを行い、これからのSIAFラボについて考えます。

 ぜひ、ご参加ください。


【Sony CSL(ソニーコンピュータサイエンス研究所)とは?
1988年に設立されたソニーの研究所。新たな研究領域や研究パラダイム、新技術や新事業を創出し、人類・社会に貢献することを目的とする。当初は、分散オペレーティングシステムやコンピュータネットワークなど次世代のコンピュータシステムの基礎を担うテーマを中心に研究活動をスタート。現在のソニーCSLは、(1) 農業、都市計画、エネルギー、そして医療などの社会課題を扱うグローバル・アジェンダ、 (2) 人間の能力拡張(Human Augmentation / Creativity)、そして(3) AIやデータ解析を基盤として現実世界のシステムやプロセスをインテリジェント化することを目指すサイバネティック・インテリジェンスを主な研究テーマとしている。東京以外にパリに拠点を持つ。
ソニーコンピュータサイエンス研究所(Sony CSL)


 

SIAFラボ年度末報告会

日時:2019年3月24日(日)15:00〜17:30(受付|14:30~)
会場:札幌市立大学サテライトキャンパス(札幌市中央区北4条西5丁目アスティ45 12階)
定員:50
費用:無料
ゲスト:本條 陽子(Sony CSL / グループ長・リサーチアクティベーショングループ)
登壇者:久保田 晃弘(多摩美術大学教授、アーティスト、SIAFラボプロジェクトリーダー)
    小町谷
圭、石田 勝也、船戸 大輔(SIAFラボプロジェクトディレクター)
要申込 (電話(011-211-2314|8:45~17:15)また下の申し込みフォームより受付。先着。定員になり次第、締め切り)

 申し込む

 

 

 〈当日スケジュール予定〉

▽第1部 講演
・ゲスト 本條陽子氏よりSony CSLの活動について

▽第2部 報告と総括
・各プロジェクトディレクターから実施報告
 – 小町谷 圭|○○×SIAFラボ
  :さまざまな団体や個人と情報や技術、アイディアを共有しながら新たなメディアを展開する恊働プロジェクト。
 – 船戸 大輔|SAPPORO LAYER MAP PROJECT
  :札幌・北海道を多角的に知る・発見できるメディアのプラットフォーム構築プロジェクト。
 – 石田 勝也|Bent Icicle Project – tulala – &さっぽろ垂氷まつり
  :氷柱(つらら)だけがメディアじゃない。札幌の環境情報を基にした表現(作品)の研究や実験を行うプロジェクト。
・プロジェクトリーダー 久保田晃弘氏から総括

▽第3部 クロストーク
・SIAFラボのこれからについて
これからのSIAFラボの方向性や実施プログラムについて話し合います。

 

 

プロフィール

本條 陽子【Yoko HONJO】

Sony CSL / グループ長・リサーチアクティベーショングループ

慶応義塾大学文学部卒。ソニー株式会社に入社後、企画部門、VAIO事業部などを経て2007年よりソニーコンピュータサイエンス研究所。2009年から東京国立博物館のナビゲーションガイド「トーハクなび」の制作や「笑うと花が咲く」をコンセプトにした「エミタメ」などのプロジェクトを展開。現在は研究所全体のコミュニケーションをはじめ、研究成果を広報するリサーチアクティベーションに従事。2018年3月より「協生農法」研究成果の社会還元を目的とした一般社団法人シネコカルチャー理事を兼任。2008年、米国Project Management Professional (PMP) 資格取得。2011年、学芸員資格取得。


久保田 晃弘【Akihiro KUBOTA】

多摩美術大学教授、アーティスト、SIAFラボプロジェクトリーダー

1960 年生まれ。多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コース教授・メディアセンター所長。SIAF コミッティーメンバー。世界初の芸術衛星と深宇宙彫刻の打ち上げに成功した衛星芸術プロジェクト(ARTSAT.JP) をはじめ、バイオメディア・アート(BIOART.JP)、自然知能と知能の美学、ライブ・コーディングと自作楽器によるサウンド・パフォーマンスなど、さまざまな領域を横断・結合するハイブリッドなメディア芸術の世界を開拓中。芸術衛星1 号機の「ARTSAT1:INVADER」でARS ELECTRONICA2015 HYBRID ART 部門優秀賞をチーム受賞。「ARTSAT プロジェクト」の成果としてメディア芸術部門で、平成27 年度(第66 回)芸術選奨大臣賞を受賞。著書や監修・監訳した書籍に「消えゆくコンピュータ」「ポスト・テクノ( ロジー) ミュージック」「FORM+CODE―デザイン/ アート/ 建築における、かたちとコード」「ビジュアル・コンプレキシティ―情報パターンのマッピング」「スペキュラティヴ・デザイン―未来を思索するためにデザインができること」などがある。


SIAFラボ

SIAFラボプロジェクトディレクター:小町谷 圭、石田 勝也、船戸 大輔

札幌市資料館を活動拠点として、2015年のスタートより芸術祭を開催しない期間にも交流・連携・研究・開発の活動を継続的に続けるプロジェクトの総称。ライブコーディング環境の1つである「Sonic Pi」のワークショップやローカライズ(日本語化)、そして「ARTSAT:衛星芸術プロジェクト」と共同し、taidalを参考にした長距離通信におけるテレ・コーディングを実現するためのpetal言語などの拡張パックを公開している。
http://siaf.jp/siaflab/
https://space-moere.org/ja/
https://github.com/siaflab/