札幌の冬のお祭りは「雪まつり」だけじゃない!

垂氷(たるひ)とは「つらら」の古語名で氷柱とも書きます。2016年から「さっぽろ垂氷まつり」はSIAFラボで2015年度からはじまった、北国の暮らしにとって身近な存在である「つらら」をテーマに、アート、サイエンス、暮らし、文化など様々な側面から札幌の冬を再発見する9日間です。

第3回となる今回は、「都市・水・水脈」に焦点をあてたプログラムを展開します。

また、SIAFラボのプロジェクトの一つ、「Bent Icicle Project – Tulala」(愛称:ツララボ)では「つらら」をテーマに、月1回のミーティングの他、様々な活動をしています。

 

‚•X2018“üe—pQ•.pdf 

さっぽろ垂氷(たるひ)まつり2018

 

日  時:2018年2月3日(土)~12日(月祝)  10:00~18:00

会  場:札幌市資料館 1階SIAFラウンジ、2階SIAFプロジェクトルーム、前庭 特設会場、裏庭 特設会場

料 金:無料(「つららアクセサリー」販売・制作ワークショップのみ有料) 

 

◇オープニングイベント◇

▼「オープニングツアー・点灯式」 

特設会場に設置されたさまざまなつららの展示を企画メンバーや参加メンバーとともに解説付きのツアーを行います。また、初日のイベントとして点灯式も行います。

 日時:2月3日(土)17:30~

 

◆本プログラム◆

▼「環境氷柱光壁」

2016年度に裏庭特設会場に建設されたつららを作るの「垂氷小屋」からつららができるまでの自然の環境データを取得し、そのデータから氷柱の光る壁が出現します。
会場:前庭 特設会場、SIAFプロジェクトルーム

 

▼「こんなの見たことない!? 不思議な形をしたつららの展示」

2015年度から思案・制作されている360度に伸びるつらら「回転式巨大つらら造形装置」、コンピュータ制御し人工的につくりあげるつらら「人工氷柱製造装置」など、ここでしか見られない様々な形のつららを展示します。毎年更なるバージョンアップを遂げています。
会場:前庭 特設会場、SIAFプロジェクトルーム

 

▼「ツララボ活動報告展示」 

2015年度からスタートした「つらら」をテーマに様々な活動を行うSIAFラボのプロジェクト。3年間の活動の中でどのように変遷してきたのかを紹介する展示をします。
会場:SIAFラウンジ 

 

▼「つららアクセサリー販売」

実際に街で採取した様々な形のつららをデータ化し、3Dプリンタで再現する大人気のつららアクセサリーを販売します。
会場:SIAFラウンジ

 

▽つららアクセサリー制作ワークショップ(有料)

販売しているツララアクセサリーを実際に自分の手で制作して見ませんか?気になるビーズやパーツなど自由に組み合わせることも出来ます。(有料)

日時:2月4日(日)、11日(日)各日11:00~16:00
会場:SIAFプロジェクトルーム