プロジェクト概要

CAMP SITE PROJECT『裏庭』ってなに?

札幌市資料館の「裏庭」で「CAMP SITE (キャンプ場) 」実現に挑戦するアー トプロジェクト。公共空間の制度や用例、キャンプに用いられる道具や作法などについて、専門家や研究者によるレクチャーやリサーチを通じて学びながら様々なアイデアやアイテムを検証し、キャンプが可能な環境を生み出す実験を行います。その中で、参加者それぞれが「公共(パブリック) とは何か?」を「個人(パーソナル)・プライベート」の視点から考え、キャンプ実現に向けて活動を展開します 。 SIAF2017の期間中は 、札幌市資料館企画と融合し、企画提案から制作プロセスを公開します。また、活動の成果として生み出されたアイテムや環境は、SIAF2017の来場者や市民に利用されることを目指します。

uraniwa_3_ws 

SIAFラボでは、芸術祭に来場される皆さんと一緒に、札幌市資料館の裏庭で「CAMP」をすることの意味と可能性を考え、実際に裏庭キャンプ「裏泊」をするために必要なテントやグッズを制作します!
SIAFラボメンバーと参加者のみなさんのアイデアを含めた新しいテントやグッズは期間中キャンプ場を利用する方々に活用されることを目指します。

SIAF期間中のさまざまなプロジェクトについて→「裏庭」スケジュール

キャンプの為のテント制作ワークショップ

日時:2017年8月8日(火)- 11日(金) 13:00 〜 17:00
会場:札幌市資料館 2階 SIAFラボミーティングルーム(札幌市中央区大通西13丁目)
参加費:無料
定員:20名/日

申込不要・直接会場へお越し下さい

 

 

注意事項
制作したテントやグッズはお持ち帰りできません。
ご家族、ご友人同士のグループでの参加もオッケーです。
布や木材、ビニールシートなどを素材とした制作となります。
汚れても構わない服装でお越し下さい。1日だけの参加も可能です。