プロジェクト概要

2015年度にSIAF ラボで始動した『ツララボ「Bent Icicle Project – Tulala』の続編。アーティストや研究者がプロジェクトの中心メンバーとなって、「つらら」を題材・媒介としたアイデアを持ち寄り、ワークショップやイベントを通して雪国ならではの暮らしの可能性を検証・再考するプロジェクトです。 同時に、参加者の皆さんが、メディア・アートや現代アートについて学びながら、アートプロジェクトの運営に関わることで、そこから新たな芸術文化活動の担い手や、札幌独自の活動の創出を目指しています。

 

<活動内容>

ミーティング(月1回)
勉強会・課外活動・イベント等(不定期開催)

 

image1

 

第7回  ツララボ ミーティング

・後期活動へ向けた企画の意見出し。(新しい企画、過去プロジェクトの進展など)

 

日時:2016年9月24日(土)17:00 ~19:00

会場:札幌市資料館(札幌市中央区大通西13丁目) 1階 SIAFラウンジ

(参加費無料)

どなたでも自由に参加できますので、お気軽にお越しください。

おやつの持ち寄り大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【活動レポート】

今年度のツララボの活動も早いもので、後半戦です。

第7回となるミーティングでは、

これからの活動に向けて、やりたいことやつくりたいものなど、

自由にアイディアを出し合いました。

img_2280

 

 できる・できないは関係なく思いつくままに書き出していったところ、

ホワイトボードが埋まるほどのアイディアが出てきました!(裏にもびっしりあります)

img_2317

 

その中でも特に盛り上がったのは、「つららシャンデリア」と「つららガチャガチャ」。

 

「つららシャンデリア」は

電飾の内蔵されたホース状のチューブをシャンデリアのかたちに設置して、そこにつららをつくろう!というもの。

img_2318

実現したら見応えがありそうです。

 

「つららガチャガチャ」は

3Dスキャンで出力した小さなつららを入れたガチャガチャです。

本物のつららのスキャンデータを利用してつくった様々なかたちのミニつらら(樹脂製)をカプセルに入れ、それがランダムに出てくる、という仕掛けです。

滑らかなかたちのものもあれば、人工的につくったイナズマ型もあります。

 

いずれのアイディアも、まだ生まれたばかりです。

これからどんな成長をしていくのか、ゆっくり、温かく見守っていただけたら嬉しいです。

 

次回第8回ミーティングは11月5日(土)15:00~。

ご興味のある方は是非ご参加ください!

お待ちしております。