『夏至祭 in モエレ沼公園』詳細決定

2018.06.05

札幌国際芸術祭事務局では、次回の札幌国際芸術祭(SIAF)に向けて、芸術祭や現代アートを紹介するプログラムを市内各所で順次開催していきます。

今回実施する「夏至祭 in モエレ沼公園」は、このスタートとして実施するアートイベントです。

第1部は「アートを知ってみる〜レクチャーシリーズ」で、SIAFのこれまでの取り組みやメディアアートについて説明します。

そして第2部は今回の目玉となる「気球の打ち上げ+ライブパフォーマンス」です。
SIAF2017でARTSAT×SIAFラボが実施した「Space-Moereプロジェクト」では成層圏気球の打ち上げに挑戦してきました。天候が穏やかなことが多い、札幌の夏至。この天候を生かし、モエレ沼公園から成層圏に向けて再び気球を打ち上げます。気球には周囲の環境情報を計測するモジュール(小型電子機器)を搭載し、モジュールから地上に送られるデータを音と映像に変換します。

夏至のモエレ沼公園で、宇宙に手が届くような体験をしてみませんか。
みなさんぜひお越しください。

Space-Moereプロジェクト「夏至祭 in モエレ沼公園」
特設ページはこちら https://space-moere.org/midsummer/


札幌国際芸術祭×SIAFラボ
第21回文化庁メディア芸術祭受賞作品展 関連イベント

夏至祭 in モエレ沼公園

 

日時:2018年6月23日(土) 17:00–21:00
会場:モエレ沼公園 ガラスのピラミッド および周辺屋外(札幌市東区モエレ沼公園1-1)
※入場無料・事前申込不要
※荒天時は気球打ち上げパフォーマンスを中止する場合があります。

【最新情報:2018年6月23日 14:00追記】
最終の天候状況を確認し、本日予定通り気球打ち上げとテレコーディング・パフォーマンスを実施します。夏至祭は午後5時スタート、打ち上げは午後8時の予定です!夜は気温が下がりますので、防寒具をお持ちください。ぜひモエレ沼公園ガラスのピラミッドまでお越しください!

プログラム:
第1部 アートを知ってみる〜レクチャーシリーズ(会場:ガラスのピラミッド スペース1)

17:00– 札幌国際芸術祭とSIAFラボの活動のこれから
講師:漆 崇博・細川麻沙美(SIAF事務局マネージャー)

17:30– メディアアートとは?〜space-moereへの軌跡
講師:久保田 晃弘(SIAFラボプロジェクトリーダー)
小町谷 圭(SIAFラボプロジェクトディレクター)
宮井 和美(モエレ沼公園学芸員)

18:00– プログラミングの可能性〜コードを使って演奏する
講師:藍 圭介・金井 謙一(SIAFラボテクニカルフェロー)
久保田 晃弘

第2部 気球の打ち上げ+ライブパフォーマンス

19:20– なぜ気球を放球するのか。テレコーディング実演講座!
ナビゲーター:久保田 晃弘

20:00– 気球の打ち上げ×テレコーディング・パフォーマンス
出演:SIAFラボ

 

主催:札幌国際芸術祭実行委員会/共催:公益財団法人札幌市公園緑化協会
協力:札幌大谷大学/助成:平成30年度 文化庁 文化芸術創造拠点形成事業

お問合せ:札幌国際芸術祭実行委員会 事務局
〒060-0001 札幌市中央区北1条西2丁目1番地 札幌時計台ビル10階
札幌市市民文化局国際芸術祭担当部内
TEL: 011-211-2314 E-mail: info@siaf.jp