アイデアが作品になるまで×作品が展示されるまで
トーク
SIAF2020プレイベント スペシャルトーク 「隆介さん!クラウスさん!アーティストって何してるの?」

アイデアが作品になるまで×作品が展示されるまで

美術館などで展示される作品を鑑賞して、「好き」「嫌い」と感じたり、いろいろなことに考えを巡らせたり、受け止め方は人それぞれです。特に現代アートは「なんだか難しそう」と感じている人もいるでしょう。

そんな方にオススメしたいのが、「アーティストや作品について“知る”こと」です。アート鑑賞がきっともっと面白くなります。

このトークでは、作品を制作するアーティストと、展覧会を企画するキュレーターや学芸員が、「アイデアが作品になるまで」と「作品が展示されるまで」にはどのような思いやプロセスがあるのかをお話しします。

作品や展覧会の見え方がガラリと変わるはずです。

ぜひご参加ください。

 

<パネリスト> 左から順に(敬称略)
伊藤 隆介 / 映像作家・美術作家
クラウス・ポピッツァー / アーティスト
アグニエシュカ・クビツカ=ジェドシェツカ / SIAF2020 企画ディレクター(メディアアート担当)
宮井 和美 / モエレ沼公園学芸員

【日時】
2019年10月18日(金) 18:00~20:00

【会場】
札幌市役所 1階ロビー

(札幌市中央区北1条西2丁目)

【参加費】
無料

【定員】
100名
※定員を超えた場合は抽選(結果は10月16日(水)以降に落選者にのみ連絡)
10月16日時点で定員を超えなかったため、受付を継続しています。
これまでに申込いただいた方は、皆さんご参加可能です。

【申込締切】
10月15日(火)
定員に達するまで





チラシPDFのダウンロードfile_download