【終了しました】SIAF関連トークイベント「アニメーション作家 ボリス・ラベが見た札幌・北海道」

2018.07.23

札幌国際芸術祭実行委員会では、札幌国際芸術祭を楽しんでいただけるよう、芸術祭で取り扱う現代アートやメディアアートに親しんでもらうプログラムを実施しています。

このたび、その一環として、平成31年3月に地下鉄さっぽろ駅コンコースにオープンする「アイヌ文化を発信する空間」で上映されるアニメーション作品を制作するフランス人アーティストのボリス・ラベ氏を迎え、トークイベントを実施します。

ラベ氏は、第19回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門で大賞を受賞するなど、世界的に活躍の幅を広げている若手のアーティストです。現在、同空間での作品制作に向けて、札幌・北海道でアイヌ文化に関するリサーチ活動を行っているところです。

当日は、ラベ氏のこれまでの活動を振り返りながら、道内でのリサーチの成果や作品制作への意気込みなどを語ってもらいます。
どうぞお気軽にご参加ください。

--------------------------

SIAF関連トークイベント「アニメーション作家 ボリス・ラベが見た札幌・北海道」

日 時:201884日(土) 17:00-18:30(開場16:30

場 所:札幌アリアンス・フランセーズ 図書館スペース(中央区南2条西5丁目10-2 南2西5ビル2階)

言 語:日仏逐次通訳

定 員:40名(無料/要申込/先着)

申 込:件名に「8/4トークイベント」、本文に「名前(ふりがな)」「電話番号」を記載し、E-mail(talk@siaf.jp)で申し込みください。
※定員に達したため、受付終了しました。

登壇者:ボリス・ラベ(アーティスト)
アリス・ルオ(札幌市国際交流員)
細川 麻沙美(SIAF事務局マネージャー/モデレーター)

主 催:札幌国際芸術祭実行委員会

共 催:札幌アリアンス・フランセーズ

協 力:札幌市市民文化局市民生活部アイヌ施策課

 

ボリス・ラベ

1987年ラムヌザン(フランス)生まれ、フランスとスペインを拠点に活動。短編作品、オーディオ・ビジュアル・コンサート、ビデオ・インスタレーションなどを制作するアーティスト/アニメーションディレクター。2013年よりSacrebleu Productionsと共同制作を行っている。短編作品《The Fall》が、カンヌ国際映画祭2018 第57回国際批評家週間に選出。