【終了しました】SIAF部レクチャーシリーズ「アートの現場を支える人・育てる人~芸術文化を支える人材育成を考える~」を開催します。

2018.09.28

今年度より立ち上げた、SIAF部(※1)の活動の一環として、アートプロジェクトに携わる専門家やアーティストをゲストに迎え、アートプロジェクトの意義や運営について学ぶ「レクチャーシリーズ」。
第2回は「アートの現場を支える人・育てる人~芸術文化を支える人材育成を考える~」です。

今回は、ゲストスピーカーに東京や大阪などでアートプロデューサーとして活躍する木ノ下智恵子氏(大阪大学共創機構社学共創本部准教授)、パネリストにThink School(※2)事務局の今村育子氏・高橋喜代史氏をお招きし、各地で行われている人材育成の取組事例を紹介します。
また、札幌におけるアートの現場と人材育成、そして地域との関わりについても考えます。

チラシ(クリックするとPDFが開きます)



※1 SIAF部とは・・・
「札幌のアートシーンやSIAFを支えたい」「コーディネーターを目指したい」と考えている方が集まり、展示・イベントなどのコーディネート、アーティストのサポート、活動の記録などさまざまな現場での実践やミーティングを通じ、アートプロジェクトを実施するためのスキルの習得を目指します。今年は14名が活動しています(募集は終了しました)。

※2 Think Schoolとは・・・
シンクスクールは、まちづくりやアートの創造性を学びながら、自分の好きなこと、やりたいことを見つける学校です。レクチャー+ワークショップ+ディスカッションで「考える」ことに重点を置いた体験型学習を通して、クリエイティブな考え方を知り、常識や慣習にとらわれず、自らの個性と感性を生かした企画や作品をつくることを目的としています。アートマネジメントとまちづくりの手法から企画の立て方を学ぶ「企画コース」、アーティストやキュレーターから作品制作と展示の基礎を学ぶ「制作コース」の2コースがあり、1年間学びます(今年度の募集は終了しました)。

 

SIAF部レクチャーシリーズ
「アートの現場を支える人・育てる人~芸術文化を支える人材育成を考える~
日時:2018年10月14日(日) 15:00~16:30(開場14:30)会場:札幌市役所地下食堂(札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所地下1階)
※当日は市役所東側入口からお入りください。定員:50名(当日先着/参加無料)


ゲストスピーカー

木ノ下 智恵子(アートプロデューサー/大阪大学共創機構社学共創本部准教授)

パネリスト

Think School 事務局:

今村 育子 (札幌駅前通まちづくり株式会社/美術家)

高橋 喜代史(アーティスト/一般社団法人PROJECTAディレクター)