次回の札幌国際芸術祭の方向性決定!

2018.06.19

~冬季開催・複数のディレクターによるチーム制へ~

札幌国際芸術祭実行委員会では、6月18日(月)に開催しました同委員会におきまして、次回の芸術祭の方向性が決定しました。

SIAFは、独自性のある芸術祭として2014年、2017年と2回開催してきたところですが、次回は、さらに札幌の特徴や魅力を生かしていくため、2020年度の冬季に開催します。
そして、冬、雪、北方圏の文化を題材とした作品やプロジェクトを展開していきます。

また、こうしたプログラムを効果的に展開するために、複数の専門家によるディレクターチームが、芸術祭の企画を立案・監修します。

今後は、本年9月を目処に、ディレクターチームの人選を行い、来年の2月頃にテーマや会期、主要会場などを発表していく予定です。

引き続き、札幌国際芸術祭にご関心をお寄せいただきますよう、よろしくお願いいたします。