札幌国際芸術祭

世界的な彫刻家イサム・ノグチ(1904~1988年)が基本設計を行い「公園全体をひとつの彫刻作品」とするダイナミックな構想により造成が進められたのがこのモエレ沼公園です。1982年に着工し、2005年にグランドオープンしました。189ヘクタールにおよぶ広大な敷地には、石狩平野を囲む山脈を一望できるモエレ山や、最大25メートルまで吹き上がる「海の噴水」など、幾何学形態を多用した施設が整然と配置され、自然とアートが融合した美しい景観を楽しむことができます。ノグチの遺作ともなるこの公園は、札幌が世界に誇る施設の一つです。

イサム・ノグチの庭から広がる音の宇宙

モエレ沼公園会場では、公園の象徴であるガラスのピラミッドを拠点として、彫刻家イサム・ノグチが公園設計に込めた、宇宙規模の視点を現代につなぐプロジェクトを屋内外で展開します。ガラスのピラミッドでは残響音が12秒を超える特殊な音響空間の中で大友 良英+青山 泰知+伊藤 隆之による作品《without records》を基にした新作を発表。

また、ARTSAT×SIAFラボによる《Sculpture to be Seen from Space, Improvisation to be Heard from Space. 宇宙から見える彫刻、宇宙から聞こえる即興演奏》では園内から成層圏まで気球を打ち上げ、ライブコーディングによって宇宙とつながる即興演奏に挑みます。公園内のあちこちで、再生することのできないひとときの音楽が鳴る、公園全体が大きな音響彫刻の空間となります。

アクセス

所在地
札幌市東区モエレ沼公園1-1
公共交通機関
さっぽろ駅 ─[地下鉄5分]─ 環状通東駅 ─ [バス25分]─ モエレ沼公園東口
自動車
30分(さっぽろ駅・大通駅周辺から)