プロジェクト
PROJECT


2017

札幌市資料館の「裏庭」に「CAMP SITE (キャンプ場) 」を実際に生み出すことに挑戦するアートプロジェクト。公共空間の制度や用例、キャンプに用いられる道具や作法などについて、専門家や研究者によるレクチャーやリサーチを通じて学び、様々なアイデアやアイテムを検証し、キャンプが可能なや環境を生み出す実験を行います。
2017 年5 月~10 月開催
会場:SIAFプロジェクトルーム・札幌市資料館外構部 裏庭 等
2015年度にSIAF ラボで始動した『ツララボ「Bent Icicle Project – Tulala』の続編。アーティストや研究者がプロジェクトの中心メンバーとなって、「つらら」を題材・媒介としたアイデアを持ち寄り、ワークショップやイベントを通して雪国ならではの暮らしの可能性を検証・再考するプロジェクトです。
2017 年10 月~2018 年3 月開催
会場:SIAFラウンジ、SIAFプロジェクトルーム
私たちが暮らす札幌とは、どんなところなのでしょうか? SIAFラボ編集局では、暮らしにまつわる「人・もの・こと」を題材として、 この土地ならではの情報を集め、編集、発信していくプロジェクトです。
編集会議(月1回開催)会場:SIAFプロジェクトルーム
ラウンジトーク(不定期開催)会場:SIAFプロジェクトルーム

SIAFラボプロジェクトメンバーが中心となり、特別なテーマやプログラムを設定せずに、その場で生まれた疑問や発見を基に、知識や情報、考え方を伝え学びあう場を生み出します。
日時:曜日未定/16:00~19:00(イベント毎に変化します)
〈SIAF2017連携企画〉2014年に世界初の芸術衛星を打ち上げたARTSATプロジェクトとSIAFラボの共同企画。モエレ沼公園の3つのモニュメント「モエレ山」「プレイマウンテン」「ガラスのピラミッド」から3つの気球を放出する予定です。
"音楽の楽しさ × 学び"音楽を楽しむ方法は色々あります。歌う、聴く、演奏する、そして、作曲する。 Sonic Pi(ソニックパイ)というアプリケーションと小さなコンピュータを使って、チャレンジしてみましょう!

2016

2017年3月25日、札幌市資料館SIAFラウンジにて、2016年度のSIAFラボ報告会が開催されました。当日は、SIAFラボのアドバイザーの久保田晃弘さんをゲストに迎え、前半は各プロジェクトについての報告、後半にはこれ...
垂氷(たるひ)とは「つらら」の別の呼び方です。「さっぽろ垂氷(たるひ)まつり」は、私たちにとって身近な「つらら」を切り口に、アート、サイエンス、人の営みやその記憶といった多様な視点から、札幌の冬を再発見する新しいお祭りです。
日時:プレイベント1月29日(日)、1月31日(火)~2月5日(日)
本イベント2月6日(月)~12日(日) 10:00~18:00
会場:札幌市資料館 館内各所及び前庭・裏庭特設会場
文化庁メディア芸術祭 札幌展「ココロ・つなぐ・キカイ」とSIAFラボの連携企画として、プログラミングを行いながら簡単に音楽を演奏することのできるソフトウエア「Sonic Pi」のワークショップを開催します。 音楽に興味のある方はもちろん、プログラミングを用いた表現活動に活かしたい方など、ご参加をお待ちしています。
日時:2016年9月22日(木祝)
   ①13:00〜/②15:30〜
会場:札幌市資料館 2階 SIAFプロジェクトルーム

〈SIAF2017連携企画〉2014年に世界初の芸術衛星を打ち上げたARTSATプロジェクトとSIAFラボの共同企画。モエレ沼公園の3つのモニュメント「モエレ山」「プレイマウンテン」「ガラスのピラミッド」から3つの気球を放出する予定です。
SIAF ラボでは、6月22日に札幌市教育文化会館で開催される舞台「Traditional Trial~能、狂言プラス~」の関連展示として、この作品で映像を担当するアーティスト、ヤマガミユキヒロの展覧会「Air Scapes」を開催します。
日時:2016年6月18日(土) ~ 2016年7月18日(月祝) 
10:00~18:00
会場:札幌市資料館 2階 SIAFプロジェクトルーム
私たちが暮らす札幌とは、どんなところなのでしょうか? SIAFラボ編集局では、暮らしにまつわる「人・もの・こと」を題材として、 この土地ならではの情報を集め、編集、発信していくプロジェクトです。気になる活動をしているあの人のこと、知る人ぞ知る名品・ 名所、なぜか根付いている習慣ごとなど、札幌の文化を彩る要素を様々な角度から分析し、編集していきます。また、新しいメディア(情報発信媒体)の開発にもチャレンジしていきます。
ラウンジトーク(月1回)会場:SIAFラウンジ
編集会議(月1回)会場:SIAFプロジェクトルーム

公共空間におけるアート、パブリックアートについて学びながら、作者の島袋道浩氏と毎回迎えるさまざまなゲストが市民の方々と一緒に、3 回にわたり《一石を投じる》のこれからについて考えます。
第1回:2016年5月15日(日)15:00〜17:00
第2回:2016年7月24日(日)18:00〜19:30
第3回:2016年10月16日(日)
会場:札幌市資料館 2階 研修室
2015年度にSIAF ラボで始動した『ツララボ「Bent Icicle Project – Tulala』の続編。アーティストや研究者がプロジェクトの中心メンバーとなって、「つらら」を題材・媒介としたアイデアを持ち寄り、ワークショップやイベントを通して雪国ならではの暮らしの可能性を検証・再考するプロジェクトです。
ミーティング・・・月1回
勉強会・課外活動・イベント等・・・不定期開催
会場:SIAFラウンジ、SIAFプロジェクトルーム
SIAFラボプロジェクトメンバーが中心となり、特別なテーマやプログラムを設定せずに、その場で生まれた疑問や発見を基に、知識や情報、考え方を伝え学びあう場を生み出します。
日時:曜日未定/16:00~19:00(イベント毎に変化します)

"音楽の楽しさ × 学び"音楽を楽しむ方法は色々あります。歌う、聴く、演奏する、そして、作曲する。 Sonic Pi(ソニックパイ)というアプリケーションと小さなコンピュータを使って、チャレンジしてみましょう!

2015

SIAF2014 で展開された作品《一石を投じる》のコンセプト、芸術祭終了後に資料館に移設された経緯などアーティスト自ら解説し、この作品をどのように展開していくか議論を深める第一歩とします。
日時:2016年3月27日(日)15:30~17:30
会場:札幌市資料館 2階 研修室
広島を拠点に国内外で展示を行っているアーティスト黒田大祐は、昨年から度々札幌を訪れてきました。そしてこの冬、「アーティスト・イン・スクール」というアーティストが小学校に滞在するプログラムの中で、「札幌の過去と未来の風景」についての作品を、札幌市内の小学校で制作します。
日時:2016年2月19日(金) ~ 2016年3月21日(月祝) 
10:00~18:00
会場:札幌市資料館 2階 SIAFプロジェクトルーム
垂氷(たるひ)とは「つらら」の別の呼び方です。「さっぽろ垂氷(たるひ)まつり」は、私たちにとって身近な「つらら」を切り口に、アート、サイエンス、人の営みやその記憶といった多様な視点から、札幌の冬を再発見する新しいお祭りです。2月14日のバレンタインデーでは、「つらら」をモチーフにした限定スイーツも販売します。
日時:2月2日(火)~14日(日) 10:00~18:00
会場:札幌市資料館 館内各所及び前庭特設会場

SIAFラボでは、現代美術やメディア・アートに関する様々なワークショップやレクチャーを継続的に行ってきました。そして今回はじめて、実際の「展示」という形で作品を紹介します。シンプルな機構でありながら深く私たちの情緒に響くこのシリーズの作品《LOST#13》が、ついに札幌で初めて展示されます。どうぞお見逃しなく。
日時:2015年12月11日(金) ~ 2016年1月11日(月祝) 
10:00~18:00
会場:札幌市資料館 2階 SIAFプロジェクトルーム
北海道の冬になじみの深い「つらら」をテーマに、継続的に調査研究を行いながらイベント、トーク、ワークショップなど複数のプログラムを進めていきます。
日時:2015年11月~
この展覧会は、今夏開催された「プログラミング・ワークショップ」の成果発表として開催されます。 子ども向けのワークショップで制作された音楽と、大人向けワークショップで生まれた映像作品をひとつにし、新たな作品として展示します。
日時:2015年9月21日(月・祝)~27日(日)
会場:札幌市資料館 2階 SIAFプロジェクトルーム

芸術祭や展覧会では、参加するアーティストや企画を監修するキュレーターには注目が集まります。 ですが、一定の期間、芸術表現を紹介するその特殊な現場には、多様な役割があり、専門的な知識と経験を持つ、実にたくさんの人々が関わっています。「アート界隈の人々」をゲストに迎え、その特別な役割から最新の取り組みなどを、対談方式で紹介します。
日時:2015年8月より 隔月開催
札幌の自然、都市(建築)、歴史、習慣など、人の営みに直結するあらゆる「札幌らしさ」を探る研究会。 それらの要素を各分野の専門家の視点からひも解き、学ぶことで、札幌から生み出される芸術表現や活動の根本を考え、SIAFが目指す市民自らが、自発的に活動する素地と、異分野同士の新たなネットワーク構築を目指します。
日時:2015年7月より隔月開催
「見えない展覧会」は見ることができない展覧会です。 実際の作品を鑑賞する代わりに、言葉や映像によって毎回のテーマに沿った作品を紹介します。 ナビゲーターやゲストによって紹介される作家や作品は、おもしろかったり、時にはぞっとしたり、 言葉にできない「!」「?」があふれています。
日時:2015年7月より隔月開催

「ラズベリーパイ」を使って、コンピューターで音楽を作ってみよう!「ラズベリーパイ」はおいしそうな名前だけど、食べ物ではありません。手のひらサイズの小さなコンピューターです。どうやってコンピューターで音楽を作るの?そんなワークショップを行います。
日時:2015年8月1日(土)・2日(日)
13:00-15:30 / 16:00-18:30
デジタルアートやパフォーマンス、デザイン、広告制作などで、プログラミングでビジュアルやオーディオを生成したり、データを可視化したりする技法として、「クリエイティブ・コーディング」が注目されています。この公開講座では、4種のクリエイティブ・コーディングを、実際に動かしながら実践的に学びます。
日時:2015年8月8日(土)・ 9日(日)・22日(土)・23日(日)
主催:札幌市立大学
後援:札幌市、創造都市さっぽろ・国際芸術祭実行委員会
SIAFラボプロジェクトメンバーが中心となり、特別なテーマやプログラムを設定せずに、その場で生まれた疑問や発見を基に、知識や情報、考え方を伝え学びあう場を生み出します。
日時:土曜日 16:00~19:00

Watson(ワトソン) は、IBMが開発した、情報から学び、経験から学習するコグニティブ・テクノロジーを使ったコンピュータです。SIAFラボでは、このシェフWatsonと共に、テクノロジーと私たちの関係を考えながら、道産食材を使った色々なレシピを作り、新たな道産食材の楽しみ方、調理方法などを発見、共有したいと思っています。
開催:2015年7月5日(日)
会場:SIAFラウンジ
植物に自動で水をあげる水やりマシンを制作するプロジェクトです。 植物に適切に給水するためには、植物が水を欲しがっている状態を検知する必要があります。そのために小型コンピュータへ私たちで検知できるプログラミングを行います。 植物への水やり行為を、人ではなくコンピュータなどのデジタルで再現するプロセスを通じて、植物に対するマシンのデザイン発想や、植物への科学的理解などを深めていきます。
開催:2015年7月4日(土)
会場:SIAFプロジェクトルーム
"音楽の楽しさ × 学び"音楽を楽しむ方法は色々あります。歌う、聴く、演奏する、そして、作曲する。 Sonic Pi(ソニックパイ)というアプリケーションと小さなコンピュータを使って、チャレンジしてみましょう!