kickoff_b

 

イベント概要

SIAFラボでは、3年目の活動のスタートとして、2017年度に開催する各プロジェクト「CAMP SITE PROJECT『裏庭』(前期)」「ツララボ2017(後期)」「SIAFラボ編集局(通年)」についてゲストを交えて参加者のみなさんと共有するキックオフイベントを開催いたします。

本年は、2回目となる札幌国際芸術祭(以降:SIAF)の開催年ということもあり、芸術祭のテーマでもある「芸術祭ってなんだ?」について参加者のみなさんと共に考え、その答えとして様々な取り組みを展開していく予定です。

 
多くの皆様に関心を寄せていただけると幸いです。ご家族ご友人お誘い合わせの上、是非ご参加ください!

 

当日の流れ

1)SIAFラボ2017の全体説明

2)SIAFラボ編集局について  

 ・札幌国際芸術祭2017「芸術祭ってなんだ?」を編集する・発信する- 

休憩

3)CAMP SITE PROJECT『裏庭』について 

・レクチャー 「アートにおけるキャンプの概念」
・裏庭現場視察&ディスカッション 「裏庭をキャンプ場にするには?」

 

SIAFラボ2017 キックオフミーティング

日時:2017年5月20日(土)15:00 〜 18:00
会場:札幌市資料館 2階 SIAFプロジェクトルーム(札幌市中央区大通西13丁目)
参加費:無料
ゲスト:飯田志保子(インディペンデント・キュレーター / 東京藝術大学美術学部先端芸術表現科准教授)
    猪熊梨恵(札幌オオドオリ大学 学長)

 

   - 本イベントは終了しました -

 

 

プロフィール

飯田志保子 【Shihoko IIDA】

インディペンデント・キュレーター/東京藝術大学美術学部先端芸術表現科准教授

1998年の開館準備期から2009年まで東京オペラシティアートギャラリーに勤務。2009年から2011年までオーストラリアのブリスベンにあるクイーンズランド州立美術館内の研究機関ACAPAに客員キュレーターとして在籍後、韓国政府主催CPIプログラムにより韓国国立現代美術館の2011年度インターナショナル・フェローシップ・リサーチャーとしてソウルに滞在。主にアジア地域の現代美術、共同企画、ならびに美術館とビエンナーレの関係をはじめとする芸術文化制度と社会の関係に関心を持ち、「第15回アジアン・アート・ビエンナーレ・バングラデシュ2012」、「あいちトリエンナーレ2013」、「札幌国際芸術祭2014」など国際展のキュレーターを歴任。インディペンデント・キュレーターとして活動する傍ら、2014年10月より東京藝術大学美術学部先端表現科、同大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻准教授。


猪熊梨恵 【Rie INOKUMA】

札幌オオドオリ大学 学長

1985年、札幌生まれ。 札幌市立高等専門学校 インダストリアルデザイン学科 建築デザインコースを卒業後、同校、専攻科を修了。2009年9月から札幌オオドオリ大学 学長として活動。2012年にNPO法人取得、代表理事となる。2014年札幌国際芸術祭プロジェクトアシスタント。2015年春よりFM北海道・AIR-G’にて毎週金曜日18時より「Hello!HOKKS」パーソナリティーとして出演。北海道地域の教育向上推進委員。
http://odori.univnet.jp/