ディレクターチーム

企画ディレクター(現代アート担当)/統括ディレクター

天野 太郎Taro Amano

撮影:金川 晋吾

プロフィール

横浜市民ギャラリーあざみ野主席学芸員。多摩美術大学、女子美術大学、国土舘大学、城西国際大学の非常勤講師。美術評論家連盟所属。北海道立近代美術館勤務を経て、1987年の横浜美術館開設準備室より同館で国内外における数々の展覧会企画に携わる。「横浜トリエンナ一レ2005」でキュレーター(2011年、2014年はキュレトリアル・ヘッド)を務めたほか、横浜美術館、市民ギャラリーあざみ野での担当展覧会に、「戦後日本の前衛美術」(1994年)、「ルイーズ・ブルジョワ」(1997年)、「奈良美智I DON'T MIND, IF YOU FORGET ME.」(2001年)、「ノンセクト・ラディカル 現代の写真III」(2004年)、「金氏徹平:溶け出す都市、空白の森」(2009年)、「考えたときには、もうHの前にはない 石川竜一」(2016年)、「新井卓Bright was the Morning一ある明るい朝に」(2017年)、「金川晋吾長い間」(2018年)など多数。

メッセージ

このたび、札幌国際芸術祭2020の統括ディレクター兼企画ディレクター(現代アート担当)を拝命いたしました天野 太郎です。現在は横浜市にある横浜市民ギャラリーあざみ野で主席学芸員を務めておりますが、1982年から1987年まで北海道立近代美術館の学芸員として奉職し、ここ札幌で美術館学芸員のキャリアをスタートさせました。その後、横浜美術館の開設準備室へ移り現在に至っております。学芸員生活の最後に私にとっては第二の故郷とでも呼ぶべき札幌でこのようなスケールの大きな事業に携われるのは大きな喜びでもあります。今回は、これまでの実績を継承しながら、札幌、北海道の豊かな人材や関係機関とのつながりを緊密に築き、その歴史性、地域性を掘り下げながら実りある国際展を実現させたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

企画ディレクター(メディアアート担当)

アグニエシュカ・クビツカ=ジェドシェツカAgnieszka Kubicka-Dzieduszycka

Photo by Zbigniew Kupisz

プロフィール

メディアアートキュレーター、プロジェクトマネージャー、大学講師。ヴロツワフ大学卒業後、1994年から現WROメディアアートセンター財団の一員となる。以来、ポーランドのメディアアート界を牽引する国際イベント「WROメディアアートビエンナ一レ」に過去13回にわたり携わる。2008年のWROアートセンター設立時より、プログラムの共同開発、国際連携プロジェクト、アート・メディエーションに携わる。欧州連合(EU)出資プロジェクトの企画運営も経験。近年の主な企画に、「Art Ii Biennial 2018」(フィンランド)におけるポーランド関連プログラムのほか、ウクライナ、スウェーデン、日本、ドイツ、イスラエルでの展覧会、ワークショップ、上映などがある。2016年から2017年にかけてWROアートセンターで開催された日本のメディアアート展「Reversible//lrreversible//Presence」に携わるなど、日本のメディアアーティストとの関わりも多い。

メッセージ

このたび、ディレクターチーム、実行委員会の皆さんとともにSIAF2020に携われることを大変光栄に思います。私は 20年以上にわたり、メディアアートフェスティバルやアートセンターで日々の運営に携わってきました。 SIAF2020では、この経験が十分に生かせるものと確信しています。私は現代の自然と文化が一体化した科学技術社会を背景とした誰もが参加できる包括的な参加型活動に関心があり、それを企両に生かしたいと考えています。制作過程において豊かなコラボレーションを生み出すということが、メディアアートの特徴の一つと言えます。また、広範な社会課題への関心を喚起するような批評性を持った手段にもなり得るものだと感じています。そのため、メディアアートには感情的・知的な議論を引き起こしたり、多様な越境や変化をもたらしたりする力があると私は信じています。加速する社会のデジタル化は複雑な問題を生み出し、私たちの生活や価値観は変化し続けています。私たちを取り巻く状況のあらゆる側面で、メディアアートは全く新しいアプローチを投げかけてくれると実感しています。札幌という地域の固有性を世界に結び合せるような、魅力的で遊び心のある展覧会を皆さんとともに作り上げたいと思います。

コミュニケーションデザインディレクター

田村 かのこKanoko Tamura

撮影:加藤 甫

プロフィール

1985年東京都生まれ、東京都在住。アートを専門とする通訳・翻訳者の活動団体「Art Translators Collective」主宰。日英の通訳・翻訳、編集・広報など幅広く活動しながら、あらゆるものの間に立つメディエーター(媒介者)として、クリエイティブなコミュニケーションと翻訳の可能性を探る。主要な美術館、ギャラリー、国際芸術祭、演劇・舞台芸術プログラムでのトーク通訳やアーティストのアテンドを担当するだけではなく、それぞれの場と内容に応じて最適な対話のあり方をコーディネートするトランスレーション・ディレクターとしても活動。非常勤講師を務める東京藝術大学大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻では、アーティストのための英語とコミュニケーションの授業を担当している。2008年タフツ大学工学部土木建築科(米国)卒業、2013年東京藝術大学美術学部先端芸術表現科卒業。NPO法人芸術公社所属。

メッセージ

生後3カ月の頃から毎年訪れている母の故郷、北海道で、芸術祭とコミュニケーションのあり方について皆さんと考える機会をいただきましたこと、心より感謝いたします。通訳者が芸術祭のディレクターに?と驚く方もいるかもしれません。しかし私の目指す広義の「翻訳」とは、ただ言葉を変換するだけでなく、話者(表現者)の思いと、受け取る側の立場や状況、そのどちらにも心を寄せ、あいだをつなぐための柔軟な思考の実践を続けることです。誰もが世界に向けて発信できるこの時代、鑑賞者に一方的に作品を提示するだけの芸術祭では意味がありません。芸術を通じて表現されるさまざまな視点やアイデアを、社会や生活に生かしていくための仕組みや議論の場が必要です。そんな対話のためのプラットフォームを、皆さんのお知恵をお借りしながら、丁寧に実現していきたいと思います。