札幌国際芸術祭

鈴木 昭男SUZUKI AKIO

1941年生まれ、京都府京丹後市在住。1963年より「自修イベント」としての独自の探求をはじめる。1970年にエコー音器ANALAPOSを創作。1978年、フェスティバル・ドートンヌ・パリを機に「コンセプチュアル・パフォーマンス」を始める。1988年、子午線上の京都府網野町で「日向ぼっこの空間」 を発表し、一日自然の音に耳を澄ます。1996年に開始した街のエコーポイントを探る「点音(おとだて)」プロジェクトを世界30 都市以上で開催。日常のさまざまな素材から音を導き出しての演奏でも知られ、即興演奏家とのコラボレーションも多い。ドクメンタ8(ドイツ、1987年)、ドナウエッシンゲン現代音楽祭(ドイツ、1998年)、大英博物館(イギリス、2002年)、ザツキン美術館(フランス、2004年)、 AV・フェスティバル(イギリス、2014年)など、世界各地の美術展や音楽祭に招待されている。

http://www.akiosuzuki.com