札幌国際芸術祭

大友 良英 + 青山 泰知 + 伊藤 隆之OTOMO YOSHIHIDE + AOYAMA YASUTOMO + ITO TAKAYUKI

大友 良英

音楽家。1959年、神奈川県横浜市生まれ。実験的な音楽からジャズやポップスの領域までその作風は多種多様、その活動は海外でも大きな注目を集める。また映画やテレビの劇伴作家としても数多くのキャリアを有する。近年は「アンサンブルズ」の名のもと、さまざまな人たちとのコラボレーションを軸に展示作品や特殊形態のコンサートを手がけると同時に、一般参加型のプロジェクトにも力を入れている。東日本大震災後は十代を過ごした福島でプロジェクトを立ち上げ、現在もさまざまな活動を継続中。2012年には、「プロジェクトFUKUSHIMA !」 の活動で芸術選奨文部科学大臣賞芸術振興部門を受賞。2013年、「あまちゃん」の音楽でレコード大賞作曲賞ほか数多くの賞を受賞している。2014年、独立行政法人国際交流基金アジアセンターとともに「アンサンブルズ・アジア」を立ち上げ、音楽を通じたアジアのネットワーク作りに奔走している。

青山 泰知

1960年北海道旭川市生まれ。宮城県仙台市在住。美術家として活動するほかに、ライブ、DJ等の音楽活動も行う。1995年から続く大友良英とのコラボレーションには、音楽ユニット「DJ TRANQUILIZER」やインスタレーション作品《without records》等がある。

伊藤 隆之

2003年、YCAMの開館準備室に着任。以降、数多くの作品制作に関わる。2009年、文化庁新進芸術家海外研修制度でニューヨークへ渡り、1年間滞在。ザッカリー・リーバーマンのもとで、オープンソースの視線検出ソフトウェア/ハードウェア「EyeWriter 2.0」の開発に携わる。帰国後は、YCAM InterLab R&Dディレクターとして、YCAMの研究開発プロジェクト全般のディレクションを担当。2015年、アーティスティック・リサーチ・フレームワークBCLに参加。

大友 良英+青山 泰知+伊藤 隆之《without records - mot ver. 2015》 撮影:丸尾 隆一