札幌国際芸術祭
写真:野口ミチオ 写真提供:公益財団法人イサム・ノグチ日本財団

イサム・ノグチISAMU NOGUCHI

1904年ロサンゼルス生まれ、1988年ニューヨークで没。英文学者で詩人の野口米次郎と、教師で編集者のレオニー・ギルモアとの間に生まれ、少年期を日本で過ごす。渡米して彫刻家を志したのち、アジア・ヨーロッパを旅して学び、パリでは彫刻家ブランクーシの助手を務めた。ニューヨークに拠点を定めてからは、彫刻家として活動するかたわら、家具のデザインや舞台美術の制作、庭園やプレイグラウンドなどのランドスケープデザインにまで及ぶ、幅広い活動を世界中で展開。第2次世界大戦後は自身のルーツである日本にも頻繁に訪れ、陶芸彫刻や、和紙を使った《AKARI》のデザインを生み出した。最晩年の1988年にはモエレ沼公園の公園計画に参加。ノグチが亡くなった後も計画は引き継がれ、2005年に「公園全体がひとつの彫刻作品」という世界でも類を見ないアートパークが完成した。